ホーム > 診療科目の紹介 > 外来担当医師一覧
外来担当医師一覧

外来診療担当表

医   師 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
菊池 仁志 神経内科                    
上田 一雄 循環器内科
老年内科
               
松前 知治 内科/腎臓内科
人工透析内科
                 
村上 右児 内科
消化器内科
                   
筒井 正好 内科                
石原 基一 内科
循環器内科
             
村上 玄兒 内科                
赤嶺 康夫 内科
糖尿病内科
               
山ア 亮 神経内科                      
山口 浩雄 神経内科                      

 受付時間 8:00〜16:30 診察時間 9:00〜17:00
 ※専門外来 頭痛・もの忘れ外来、ボトックス外来 火曜日・水曜日・土曜日:午前中のみ
 ※石原医師 10:00〜

医師紹介

菊池 仁志 (理事長)

薬剤科 専門分野:神経内科、内科
資  格:日本神経学会専門医・指導医・代議員
     日本認知症学会専門医・指導医
     日本頭痛学会専門医、日本内科学会認定医
所属学会:九州大学 神経内科 臨床准教授
出身大学:久留米大学医学部卒
     九州大学大学院医学研究院卒(医学博士)
コメント:
 神経内科は頭痛、痺れ、めまい、麻痺、運動障害、けい れん、脳卒中、物忘れなどの症状を中心に脳神経から筋 肉の病気まで幅広い診療を行います。運動機能の回復連 携に関しては、リハビリテーション部との連携で、脳卒 中急性期から回復期・慢性期のリハビリはもとより、神 経疾患全般のリハビリに至るまで総合的な対応が必要で す。また、神経の病気の患者さんの医療には診断・治療 は当然のことながら長期的なケアも大切になります。 神経の病気でお困りの方は、一度ご相談下さい。

上田 一雄 (院長)

上田一雄 専門分野:循環器内科、老年内科
資  格:認定内科学専門医、認定老年医学専門医
     日本医師会認定産業医
所属学会:日本内科学会、日本循環器学会、日本高血圧学会
     日本老年医学会、日本循環器予防医学会
     日本脳卒中学会、国際高血圧学会
     国際脳卒中学会(WHO)
出身大学:昭和39年 九州大学卒

松前 知治 (副院長)

松前知治 専門分野:内科一般、腎臓内科、透析
資  格:医学博士、総合内科専門医、腎臓専門医、透析専門医
所属学会:日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会
     日本高血圧学会、アメリカ糖尿病学会
出身大学:昭和62年 福岡大学卒
コメント:
 症状のない尿異常が、将来腎不全や心・血管疾患に結び 付くことが少なくありません。当院では初期の腎炎(腎 生検による確定診断も行ってます)に対する治療から保 存期腎不全管理さらには透析治療をおこない、様々な程 度の腎疾患を有する患者様により添えるよう努めています。

村上 右児

村上右児 専門分野:消化器内科
資  格:日本内科学会認定医、日本内視鏡学会専門医
     日本消化器病学会専門医
所属学会:日本内科学会、日本透析医学会、日本内視鏡学会
     日本消化器病学会
出身大学:平成11年 埼玉医科大学卒
コメント:
安全で苦痛の少ない検査を心がけています。胃腸疾患で お困りの方は、ご相談ください。

筒井 正好

専門分野:内科一般
資  格:医学博士、麻酔科標榜医、日本医師会認定産業医
出身大学:昭和48年 九州大学卒

石原 基一

専門分野:循環器内科、内科一般
資  格:日本内科学会認定医
所属学会:日本内科学会、公益法人 日本透析医会
出身大学:九州大学卒

村上 玄兒

村上玄兒 専門分野:内科一般
資  格:日本内科学会認定医
所属学会:日本内科学会
出身大学:昭和46年 京都大学卒

赤嶺 康夫

赤嶺康夫 専門分野:内科一般、内分泌、糖尿病
資  格:日本内科学会認定医
所属学会:日本内科学会
出身大学:昭和40年 九州大学卒

山ア 亮

専門分野:循環器内科、内科一般
専門分野:神経内科
資  格:内科認定医、神経内科専門医
所属学会:日本内科学会、日本神経免疫学会、日本神経内科学会、
     日本末梢神経学会、日本脳卒中学会
出身大学:平成12年 九州大学卒
コメント:
はじめまして!神経内科を担当させて頂きます。山アと申 します。出身は大分市内です。大学入学のために福岡に転 居し、20年ぶりに大分で働かせて頂くことになりました。 脳神経の症状が気になる患者様は、お気軽に外来までご相 談にいらしてください。

▲ページ先頭へ戻る